韓国のインスタントラーメン:辛ラーメン大好き♪

 2010年2月14日(日)の昼食は、外食費節減のため、自宅で辛ラーメンと白いご飯でした。

 辛ラーメンは、自宅近くのカルディ府中店で買ってストックしておいたものです。

 この辛ラーメン、私が大学生のころは韓国食品店で買っていましたが、最近はスーパーマーケット等でもよく見かけるようになりました。

 カルディで売っていたのは、日本語が記載されている日本向けものではなく、韓国語のみで書かれた韓国のものでした。

 裏面を見ると、「希望小売価格:750ウォン」と書かれています。
 その時々の為替レートによって異なりますが、おおざっぱに言って、70円くらいでしょうか。

 辛ラーメンを作っている韓国の農心のサイトを見ると、韓国では1986年10月に発売されたそうです。
 続いて日本、米国、香港、台湾、中国等でも販売され、単一の製品として世界で最も売れている製品なんだそうです。

 袋の表面には大きく「辛ラーメン」と書かれており、「辛」の字の左下に「メウル シン」と書かれています。
 これは、強いて訳すと「からいシン」で、韓国の人が漢字を覚えるときの方法だと聞いています。
 つまり、からいという漢字は「シン」と発音するということです。
 

 袋の裏面には、辛ラーメンの紹介や調理法等が記載されています。

【辛ラーメン】

画像

画像



 袋の中身は、麺のほか、粉末スープとフレークです。
 日本のインスタントラーメンのように脂が入っていないのが、ヘルシーですね。

【粉末スープとフレーク】

画像



 袋の裏面に記載された調理方法に従って、調理開始です。
 水500ml(3カップ程度)を沸騰させた後、麺と粉末スープ、フレークを一緒に入れて4分30秒間煮込みます。

【調理開始】

 
画像



 できました。
 乾燥わかめを少々入れましてみました。
 缶詰のコーンなどを入れてもおいしいですね。

【できあがり】

画像



 大学生のとき、これを初めて食べたときには「からっ!!」と思ったものですが、その後辛くてサラサラしたスープがやみつきになり、今ではしょっちゅう食べています。

 お得な5袋セットもあります。
 アメ横等で安く手に入れることができます。

【辛ラーメン5袋セット】

画像











辛ラーメン 1BOX 40個入り
農心

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 辛ラーメン 1BOX 40個入り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック