タイのインスタントラーメン:ヤムヤム Yum Yum

 2010年3月27日(土)、自宅で昼食にタイのインスタントラーメンを食べました。

 自宅近くのカルディ府中店で買ってストックしておいたものです。
 たしか1つ50円くらいだったと思います。

【ヤムヤム Yum Yum】

画像



 袋をよく見ると、http://www.ajinomoto.co.thと書いてあるので、アクセスしてみると、タイの味の素でした。
 タイ語ばっかりで(当然か…)面食らいましたが、Englishのページもありました。

 なお、Yum Yumのサイトhttp://www.yumyumfoods.com/index.phpによると(英語です)、Yum Yumを作っているWan Thai Foods Industry Company Limited(ワンタイフーズ社)は1972年に設立され、翌1973年に味の素と提携したとのことです。
 味の素のサイトにも、1973年12月にワンタイフーズ社に出資したとあります。


 さて。今回は「トムヤムクン」(セクシーなおくちのほう)をいただきました。

【トムヤムクン Tom Yum Kung】

画像

画像



 粉末スープのほかに、調味油が入っています。

【粉末スープと調味油】

画像



 袋の裏面に日本語のシールが貼ってあるので、調理方法にしたがって調理します。
 水400mlを沸騰させ、めんを入れて2分から3分煮ます。

【調理方法】

画像



 このときは、横着して、前日のお鍋で作ったおじやを取り終わったお鍋でそのまま作ります。

【調理開始】

画像



 できました。 見事な赤い色です。
 味も、見た目の期待を裏切ることなく、とても辛いです。

【できあがり】

画像



 思えば高校生のときに、模擬試験の帰りに早稲田大学の近くにある「ティーヌン」で生まれて初めてトムヤムクンのラーメンを食べて口から火が出そうになったものですが、その後すっかりトムヤムクンの味のファンになりました。

 自宅で手軽に食べられるこのインスタントラーメン、たまに無性に食べたくなります。















この記事へのコメント

この記事へのトラックバック