ラーメン二郎品川店に行ってきました。

 2010年6月3日(水)、仕事で品川駅港南口周辺に行ったので、久しぶりにラーメン二郎品川店に行くことにしました。

 この日はよく晴れた日ざしの強い日でした。

 行列に加わったのが午後0時ちょうどころで、すでに勤め人のらしき男性の人たちが27人行列していました。
 近くにある品川インターシティに入る会社の人たちでしょうか。首からIDを提げている人が多かったです。

 それにしてもこの看板、すごいですね。
 たくさんあるランプは、わずか2つが弱々しく光を出しているだけです。

【ラーメン二郎品川店】

画像



 このお店、食券は二郎らしくプラスチック製なのですが、「小」は青色ではなくオレンジ色なんですね。

【小の食券】

画像



 メニューは正式名称と略称(?)が併記してあり、
  普通盛   【小】     700円
  普通盛焼豚大【小ダブル】  900円
  普通盛焼豚  【小ブタ】   800円
  大盛    【大】     800円
  大盛焼豚  【大ブタ】   900円
  大盛焼豚大  【大ダブル】 1,000円
です。

  このほか、煮玉子がありました。

 多くの人が「小ブタ」の食券を買っていたので、「ここの小はブタが入っていないのか!?」と一瞬ヒヤリとしましたが、小でもちゃんとブタが入っています。

 また、言わずもがなのことですが、小でも量が多いです。

 無料のトッピングは、ほかの二郎と同様
  野菜
  ニンニク
  辛め(味濃いめ)
  脂多め
です。

  店内の壁には、茶色くなった名刺がたくさん張られています。

  丸いすの席は10席です。

 行列開始から約50分、私の二郎と対面です。

 「どうしますか?」と聞かれて「野菜ニンニク辛め」とコールしたのですが、ほかの二郎よりもしょっぱい気がしました。

【小】

画像



 しょっぱさに手こずりながらも完食し、次は「辛め」はやめようと思いながらお店を出たところ、相変わらず長い行列が続いていました。

【ラーメン二郎品川店】

画像

画像


食べログ グルメブログランキング



ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 - 牧田 幸裕
ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣 - 牧田 幸裕
世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ! B級フードレシピ - 野島 慎一郎
世界一美味しい「どん二郎」の作り方 誰も思いつかなかった激ウマ! B級フードレシピ - 野島 慎一郎

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック