【国鉄型】がんばれキハ40(2008年11月15日・函館本線に乗車)

 2008年11月15日、札幌の祖母の介護付高齢専用賃貸住宅への引越しが無事に終わって私も東京に帰ることになりました。

 いつものことながら、札幌から東京まで鉄道で帰ることとし、札幌駅から長万部駅までは特急スーパー北斗でビュンとやってきて、長万部駅から函館駅まで乗った普通列車が1両のキハ40でした。

 昔ながらの、いわゆる「国鉄型」です。
 北海道では、まだ多くのキハ40が現役として活躍しています。

 この函館行き普通列車、何度か乗ったことがあったのですが、渡島砂原駅回りのいわゆる「砂原線」を通ります。

【長万部駅に停車中の函館本線普通列車 2008年11月15日】

画像


 函館本線の駅は幹線の駅らしく、まっすぐに伸びた長いホームの駅が多いように思います。
 今となっては1両のディーゼルカーがたまに停車するだけになってしまい、何ともいえない切ない気持ちになります。

【函館本線中ノ沢駅 2008年11月15日】

画像


 国縫駅では、1987年(昭和62年)まで瀬棚線が分岐していましたが、今となってはその面影はありません。

【函館本線国縫駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線黒岩駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線山越駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線野田生駅 2008年11月15日】

画像



 内浦湾を望みながらゆっくり走るのが、この普通列車のいいところです。

【函館本線から内浦湾を望む 2008年11月15日】

画像

画像



【函館本線石倉駅 2008年11月15日】

画像



 この日はあまり天気がよくなかったのですが、おかげさまで駒ケ岳を拝むことができました。

【函館本線桂川駅 2008年11月15日】

画像



 「いかめし」で全国的にも有名な森駅から、渡島砂原駅回りのいわゆる「砂原線」に入ります。
 ちなみにJR北海道のサイトによると、森駅の開業は明治36年6月28日だそうです。

 砂原線では、トタン屋根の北海道らしい駅が続きます。

【函館本線森駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線東森駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線掛澗駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線渡島砂原駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線渡島沼尻駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線鹿部駅 2008年11月15日】

画像


【函館本線大沼駅 2008年11月15日】

画像


 渡島大野駅に着きました。
 この駅は、将来「新函館駅」となって北海道新幹線が停車するようです。

【函館本線渡島大野駅 2008年11月15日】

画像


 五稜郭駅に着きました。
 このときは終着の函館駅までは行かず、ここで江差線普通列車に乗り換えました。
 JR北海道のサイトによると、五稜郭駅の開業は明治44年9月1日だそうです。

【五稜郭駅に到着した函館本線普通列車 2008年11月15日】

画像


【五稜郭駅 2008年11月15日】

画像

画像

画像



 この当時五稜郭駅近くにあった、日の出らーめんで塩ラーメンをいただきました。

【日の出らーめん 2008年11月15日】

画像

画像





北海道ローカル列車の旅?のんびり列車で巡る北の大地2500km (MG BOOKS)
エムジー・コーポレーション
原 将人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



北海道鉄道撮影地ガイドBEST60 MINI (MG BOOKS)
エムジー・コーポレーション
北海道の鉄道ファン15名

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






鉄道アルバム 北海道の列車
北海道新聞社
朝倉 政雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック