【国鉄型】がんばれキハ40(2004年8月16日・津軽線に乗車)

 2004年8月16日、青森駅から津軽線に乗車しました。

 このとき乗車したのが、2両編成のキハ40でした。
 昔ながらの、いわゆる「国鉄型」です。

【青森駅に停車中の津軽線普通列車 2004年8月16日】

画像



 このときは、札幌の祖父母方を目的地とする鉄道旅行の途中で、投宿先の本八戸から八戸線、八戸から東北本線、野辺地から大湊線、大湊から路線バス、脇野沢からフェリーと下北半島をめぐって青森までやって来たのでした。

 この日はよく晴れたとてもいい天気の日でした。

 青森駅は、本州の北の玄関口らしいたたずまいです。
 今はなき特急かもしかを見ることもできました。

【青森駅 2004年8月16日】

画像


【青森駅に停車中の特急かもしか 2004年8月16日】

画像



 津軽線は、陸奥湾に沿って走る区間があります。
 この日は好天に恵まれて対岸がよく見え、海もきれいでした。

【津軽線から陸奥湾を望む(瀬辺地駅─蟹田駅) 2004年8月16日】

画像
画像



 蟹田駅に到着しました。
 蟹田駅までは、青函トンネルを通って北海道に行く特急列車などが走り、蟹田駅にはそうした列車が停車します。

 蟹田の地名は、カニが獲れるからなのかな?
 ただし、当時の蟹田町は周辺の町村と合併して外ヶ浜町となりました。

【津軽線蟹田駅 2004年8月16日】

画像



 津軽線は、しばらく海岸線から離れて田園地帯を走る区間もあります。

【津軽線から田園を望む(中小国駅─大平駅) 2004年8月16日】

画像


【津軽線大平駅 2004年8月16日】

画像



 再び海が見えると、終点の三厩はもうすぐです。

【津軽線から漁村を望む(津軽浜名駅─三厩駅) 2004年8月16日】

画像


 三厩駅に着きました。
 旅をともにした列車をしばらく眺めてやります。

 三厩駅は、こじんまりとした駅でした。

【三厩駅に到着した津軽線普通列車 2004年8月16日】

画像

画像


【津軽線三厩駅 2004年8月16日】

画像



 三厩駅からは、さらに村営バスに乗って津軽海峡を望む龍飛漁港を目指しました。
 なお、当時の三厩村も、現在では合併して外ヶ浜町になっています。

 三厩の地名は、源義経が神から遣わされた3頭の馬に乗って北海道に渡った伝説に由来するのだとか。

【三厩村営バス 2004年8月16日】

画像


【三厩村営バスから津軽海峡を望む 2004年8月16日】

画像



 その日は龍飛漁港を望む民宿に投宿しました。

【龍飛漁港 2004年8月16日】

画像





忘れえぬ東北・ふるさとの鉄道風景
世界文化社
2011-09-06
日本鉄道写真作家協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



鉄道ワンダーランド東北へ (JTBの交通ムック)
ジェイティビィパブリッシング
2014-03-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



魅惑の東北ローカル線 乗車&撮影ガイド 北東北編
東奥日報社
東奥日報社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



魅惑の東北ローカル線 乗車&撮影ガイド 南東北編
東奥日報社
東奥日報社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック