ベトナムのうどん:ブンボーフエ風うどん

 2019年6月13日(木)、自宅での昼食に「ブンボーフエ風うどん」をいただきました。

 この「ブンボーフエ風うどん」、自宅近くのKALDIで買いました。
 KALDIのサイトによると、KALDIのオリジナルなんだそうです。

【ブンボーフエ風うどん】

画像



 無学な私は「ブンボーフエ」という言葉をこのとき初めて聞いたのですが、パッケージの裏面に「ベトナム中部の町「フエ」の名物麺です。」「ピリッと辛め、牛骨の旨みにレモングラスの香りが特徴のスープに細めのうどんを合わせました。」とあります。

 輸入品ではなく、めんは香川県内の会社で、スープは北海道内の会社で作っているようです。

 なお、KALDIのこの「ブンボーフエ風うどん」のめんは小麦粉、食塩、加工デンプンが原材料ですが、ウィキペディアによると、本場フエのものはビーフン(ライスヌードル)なんだそうです。

 ベトナム語(クオック・グー)ではBún Bò Huếと表記するんですね。なんとなく分かる気がします。


 

 さて。パッケージを開けて中身を確認します。

【ブンボーフエ風うどん】

画像

画像



 まず、めんをゆでます。
 ゆで時間は約1分です。

 同時並行で、急いでスープを作ります。
 液体スープは、こんな感じです。

【ブンボーフエ風うどん・液体スープ】

画像



 できました。
 自宅に残っていたぶなしめじも加えてみました。

【ブンボーフエ風うどん・できあがり】

画像


 めんのもちもちした食感がいいですね。
 めんは細く、ひやむぎくらいでしょうか。

 そして、スープは酸っぱ辛さに加えて牛骨の旨みがあってとてもおいしいです。

 KALDIに行ったらまた買おう!
食べログ グルメブログランキング













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック